WeatherTypingのK-1ハイフン問題について

WeatherTypingの公式ワード3にはK-1というワードが出ます。ハイフンを打つ必要があるのですが、これに苦しめられています。私なりの対策を書いておきます。

DvorakJのウィンドウを表示してこちらの画面で[Win]にチェックを入れます。

この上でWindowsキー+ハイフンで打ちます。単にWindowsキーを打つ場合機能しないのではないかと不安でしたが、そういうこともないようです。これでも機能しない場合はその時考えます。

phoenixかな配列漢字入力用メモ

A キー B キー
よ(い) 上2中9 良(い) 上1上2中7
下4下3中7 中8中A上4
と(る) 中5中9 取(る) 下1上9
い(う) 中3中7 言(う) 中2下7
さま 中2中3中9
ち(る) 中5中2 散(る) 下1下3上A
まったく 全く 下2下6
とき 中1下6

ツイートからリプライ、リプライから次のリプライへ移動するリンクを設置

// ==UserScript==
// @name         tweet_jump
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  try to take over the world!
// @author       You
// @match        https://twitter.com/*/status/*
// @grant        none
// @require      http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js
// ==/UserScript==
for (var i = 1; i < $('div[data-component-context] li[data-item-id]').length + 1; i++) {
  $('div[data-component-context] li[data-item-id]').eq(i - 1).attr('id', i);
}
for (var j = 1; j < $('small.time').length + 1; j++) {
  if (j == 1) {
    $('.metadata').eq(j - 1).after('<div><a href="#' + j + '">jump</a></div>');
  } else if (j == $('small.time').length) {
    break;
  } else {
    $('small.time').eq(j - 1).after('<div><a href="#' + j + '">jump</a></div>');
  }
}

phoenixかな配列について

現状

phoenixかな配列タイプウェルを打っています。本来漢直で使われる行段系の配列です。先日50秒が切れました。*1

phoenixかな配列を選んだ理由

  1. 漢直かつ打鍵範囲の狭い配列が打ちたい
  2. 配列の説明が丁寧でなおかつDvorakJの設定がしやすい
  3. 単純に名前がカッコいい


以上の理由からphoenixかな配列を選びました。以下は実際に使ってみての印象です。

phoenixかな配列のメリット

打鍵範囲外の打鍵によるミスタッチの減少

そもそも2段しか使わないので、JISかな「ぬ」を押そうとしてescとか、JISかな「こ」や「み」を押そうとしてspaceとかを押す可能性がありません。

段飛ばしが存在しない

これはいろは坂配列開発者めんめんつさんのツイートです。


そもそも2段しか使わないので、段飛ばしが存在しません。

WeatherTypingがなんとか打てる

これもめんめんつさんのツイートです。


数字とアルファベット小文字はCtrl+QWERTY、記号とアルファベット大文字はShift+QWERTYでどうにかなります。*2

phoenixかな配列のデメリット

左手縦連や人差し指の同指異鍵の増加

私は慣れでどうにかできるレベルです。JISかなと比べれば耐えられます。

漢直を使用する理由

結論から言うと、日本語を入力する以上漢直を使わざるを得ないというのが私の持論です。MS-IMEGoogle日本語入力を悪く言うつもりはありませんが、スピードを追求すればするほど足かせになる感覚があります。漢直は2ストローク以上が前提ですから、平仮名を打つ場合も単打を使わない行段系配列を使う必要があります。漢字は漢直で打ち、平仮名はかな配列で打てばいいという意見の方もいらっしゃるでしょうが、漢字と平仮名の混ざった文章を打つ上でこれを切り替えるのは現実的ではないと思います。

これからの目標

WeatherTypingも打っているので大会に出て漢直を広めたいところですが、そもそも配列の変更が認められていなかったり、大会参加者の皆さんとの力量差が大きすぎて出場する気がしません。常用配列、特殊配列というようにレギュレーションを分けてほしいですね。とりあえず現状が280kpm程度なので300台には乗せようと思っています。

*1:国語K、基本常用語

*2:公式ワード3に出てくる「K-1」のハイフンはこちらにまとめました

JISかなで仮想キーコード一覧

かな 16進数
0x33
0x45
0x34
0x35
0x36
0x54
0x47
0x48
0xBA
0x42
0x58
0x44
0x52
0x50
0x43
0x51
0x41
0x5A
0x57
0x53
0x55
0x49
0x31
0xBC
0x4B
0x46
0x56
0x32
0xDE
0xBD
0x4A
0x4E
0xDD
0xBF
0x4D
0x37
0x38
0x39
0x4F
0x4C
0xBE
0xBB
0xE2
0x30
0x59

Simple link previewの動作するサイトを限定

設定項目がないようなので作りました。リンク脇に出てくるアイコンをCSSで消しただけです

img#link_preview_icon[style]{display:none !important;}

@-moz-document url-prefix("https://travel.spot-app.jp/") {
img#link_preview_icon[style]{display:block !important;}
}